KDDIに対する公開質問状、質問と回答がかみ合っていない、川崎市の基地局問題

川崎市宮前区の基地局設置問題で、KDDIから公開質問状の回答を得た。質問は4件ある。これらの4件の質問のうち、質問【1】【2】【3】は質問と回答がほとんどかみ合っていない。

以下が、質問と回答である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

ご質問の件に関しまして、以下のとおり回答申し上げます。

KDDI 広報部

【1】貴社は川崎市宮前区犬蔵のマンション屋上に設置予定の基地局についての住民説明を開催されました。その際、説明役を担当されました江尻豊一社員は、基地局から放射されるマイクロ波による人体影響について、非熱作用(遺伝子毒性)が確認された研究例は 1 件もないと説明されました。しかし、2018 年にアメリカの国立環境衛生科学研究所の NTP(米国国家毒性プログラム)の最終報告は、マウスの実験によってマイクロ波に非熱作用があるという結論を公表しました。現在、NTP は発がんにメカニズムを解明しています。従って江尻社員による比熱作用が認められた研究は一例もないという発言は間違いです。今後、発言を訂正され、住民に訂正を通知される予定はあるのでしょうか。

・当社は総務省が定めた、人体に影響を及ぼさない電波の強さの指針値等を示した
「電波防護指針」に則り電波を利用しています。
・現時点では、非熱作用については実証されていないと認識しております。

 

【2】下記の写真は、貴社が同マンションに設置されました基地局です。

工事の際に基地局直下の住居の内壁に亀裂が生じました。下記の写真です。

 

わたしが何人かの建築の専門家を取材したところ、建物自体が基地局の重量に耐えられる構造になっていない可能性を指摘されました。貴社は、2 月 8 日の住民説明会では、基地局の重量と建物の耐震性について説明されませんでした。基地局と建物の耐震性について貴社はどのような見解をお持ちなのかを教えてください。

・当社が基地局を建設する際には、建築士等の有識者と相談のうえ設置しています。

 

【3】同マンションの基地局の仕様と稼働状況について、貴社は管理組合へは言うまでもなく基地局直下に住む住民に説明されていません。住民から情報を開示するように要望がだされていると聞いていますが、今後、情報を公開される予定はあるのでしょうか。かりに企業秘密を住民の生命よりも優先するのであれば、他の基地局について仕様や稼働状況は公開しない方針であると推測されます。具体的に貴社は住民に対してどの範囲であれば情報を公開されるのでしょうか。

・基地局建設の際は、当事者の方々に配慮を行い、契約者とは事前に調整のうえ適切に工事を行っています。

 

【4】同マンションの基地局では低周波音と思われる現象も問題になっています。これについての住民に対する事前説明はありませんでした。基地局の設置に際して、低周波音は考慮に入れないのが貴社の方針であると解釈して差し支えないでしょうか。

・弊社設備から生じる騒音については法令(騒音条例等)を遵守しておりますが、住民の方よりご申告があれば適切に対応をさせていただきます。
以 上

 

■KDDの回答